投資について

金融機関格付の果たしている役割は

更新日:

名言「銀行の経営がどうなるかは銀行自身に信用があって軌道にのるか、そうでなければ融資する価値があるとは言えない銀行だと断定されて繁栄できなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
抑えておきたいポイント。金ETF(Exchange Traded Fund)の詳細。金相場の価格に連動するようになっている証券取引所上場投資運用(上場投信)の名称。利用している証券会社でも売買できる。このため手軽な商品だが、証券会社への手数料がかかることに注意。
【用語】スキャルピング:デイトレード(1日に複数回の取引を行い、利益を積み重ねる売買手法)の中で、とりわけ数分、短ければ数秒の間に1、2ティック値動きするだけでも売買や反対決済を行うテクニックのことを称して「スキャルピング」(簡略に「スキャ」「スキャル」とも)という。
【解説】バブル経済(世界的には金融資産が増えた近代から頻繁に見られている)とは何か?不動産、株式などの時価資産の取引金額が度を過ぎた投機により実際の経済成長を超過してもなお継続して高騰し、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指します。
運用管理費用は0.1〜1%くらいとなっており、インデックスファンド(指数(インデックス)に連動)も含む一般的な投資信託に比べても低く、投資商品として長期投資の際にちょうどよい投資商品であるとされているのだ。

金融市場を管理する金融当局は、第一に市場規律と当事者の自己責任原則を土台とし、はっきりとしたルールに基づく透明で公正な金融行政を進めるために、特に専門性の高い検査並びに監督を常に実施しているのである。
【用語】金融ビッグバンとは、20年近く前のわが国で村山内閣が退陣した平成8年から小泉内閣が発足した2001年までの間に展開された全国的な歴史的な金融制度の抜本的な改革を表すコトバである(日本版ビッグバンともいわれる)。
簡単、外貨MMFというのは現在、日本国内で売買が許されている外貨商品。同じ外貨でも預金と比べると利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動によって発生した利益が非課税として取り扱われるメリットがある。さっそく証券会社で購入しよう。
【金融商品】REITは、あまりなじみがないかもしれないが不動産への投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)を定義する日本での金融用語のことである。ただし例外的に、投信法に定義された日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと呼ぶことがある。
【知っておきたい】ETF投資の際のリスク(危険性):通常(1)対象の価格についての変動リスク(2)信用リスク(一部の取引の場合)(3)その他のリスク(信託継続困難な場合など)がある。(2)のリスクは取引によっては特別な注意が必要。

【金融商品】外貨預金⇒身近な銀行で購入できるけれど、円建ての預金とは違って破綻した場合に、預金者等を保護するという目的の預金保険制度の対象外。MMF(MMF:公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用し利益を得る投資信託)は、ネット銀行もしくは証券会社等で購入できるのである。
【ポイント】金融機関格付の果たしている役割は、明快にまとめて述べると、「比較する情報の比較できない部分をなくす」ことによって「金融市場の取引を活発にする」ことなのである、と断定できます。
【投資の前に】日本経済は当然として、さらに世界経済をつかむには、金融及び経済の基本である株や金利さらに為替を知るということが重要。なぜなら株価及び金利さらに為替は常にぴったりと関係しているからなのです。
【重要】先物取引について⇒いわゆる「証拠金取引」という制度が採用されている金融商品です。だから少しだけの資金からでも楽に取引が可能。したがってハイリスク・ハイリターンの投機的な投資パターンも可能である。
【用語】eワラント⇒満期の売買の権利の対象になっている資産を証券化(資金化のため)した金融派生商品(デリバティブ)のひとつ。世界最大級の金融グループであるであるゴールドマン・サックス・インターナショナルにて発行されているヘッジ手段としても利用可能なカバード・ワラントのことを指します。

-投資について

Copyright© 自転車乗って新しい発見を! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.