投資について

株に係る取引を例に説明すれば

更新日:

海外で株式とか不動産に投資していると、株や不動産の投資先の国の人々やマスコミから「外国人投資家」と偏見を込めて言われて、折あるごとにその国の投資家をしのいで動向が注目される事さえあるのだ。
【豆知識】株に係る取引を例に説明すれば、個人の投資家が取引している形態は、実際に証券会社へ出向いての窓口、営業を通した人間同士が顔を合わせるでの取引よりも、すでにネットを経由したオンライントレードでの売買のほうが明らかに主流なのです。
【知っておきたい】金貨の紹介。カンガルー金貨(三菱マテリアルが販売)、メイプルリーフ金貨(カナダ、表面にエリザベス2世の肖像)、イーグル金貨(4種類、コレクション用にプルーフ加工されたものもある)などやウィーン金貨(2004年の限定コインは1000トロイオンス)といった保証付きの金貨などを買い付ける方法なのである。
平成10年6月、大蔵省銀行局や証券局等が所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分のセクションを分離して、総理府(当時)の外局として位置付けられたこれまでになかった金融監督庁をつくりあげたという流れがあるのです。
【投資】金地金の基礎。金そのものを買うわけではない純金積立とはかなり異なり、純金の現物(延べ棒)を純金販売業者(地金商や鉱山会社、銀行、証券会社、商社等)で売買できる。重量500g未満の地金(1kg約380万円:2010年)には加工手数料がかかります。このため、基本的には500g以上をまとめて購入します。

【用語】金融商品って?わが国の法令では、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法の定めに則り、規定している考え方です。これには有価証券・外貨取引・金融デリバティブなどを包含している。
1日で何度も売買を注文する投資方法である「デイトレード」。対して、2日以上の短期的な日数の持ち越しをする手法を「スイングトレード」(さらに長くなると「ポジショントレード」)という名前で呼んで日に何回も売買を繰り返すデイトレードとは区別される。
【用語】「仕手」について⇒意図をもって株価の通常にはない操作を狙う卑劣な投機手段ということ。この「仕手」は違法な行為に該当する。しかし将来においても、この行為が消えることは無いと思われます。
覚えておこう、バブル(泡)経済というのは市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)が取引される金額が過剰な投機によって実際の経済の成長を超過してもなお継続して高騰し、最終的には投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
最近増えてきた、スウィーブサービス⇒通常の銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座の間なら、株式等の資金や利益などが自動的に双方に振替えてくれる画期的なサービスである。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略ということ。

投資に関する必要な勉強や研究が嫌いだとか時間が少ない場合は、証券会社など専門家に資金運用をお願いするか、勉強や研究がさほど必要のない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)の売買を選ぶのが当たり前。
この投資という言葉は、経済分野の用語として、あと後の資本(資産・生産能力)を増加・強化させるために、保有している資本(金銭や株式など)を投入する活動を指すのだ。ただし、広義においては、自己研鑽や人間関係においても使われている。
いわゆる金融機関の(信用)格付け⇒ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関や国債・社債などの発行元に関する、真の債務の支払能力などを一定の基準に基づいて評価・公表するのです。
【用語】外貨預金ならば銀行で購入することができますが、一般的な円預金とは異なって金融機関が破綻した際は預金者等を保護するという目的の預金保険制度の対象外。MMF(MMF:公社債であったり短期金融資産で運用する投資信託)は証券会社とかネット銀行等で購入できる。
【用語】外貨両替って何?海外へ旅行にいくときあるいは手元に外貨を置かなければならない際に利用されている。しかし日本円に不安を感じて、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。

-投資について

Copyright© 自転車乗って新しい発見を! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.