投資について

投機とはなんですか?

更新日:

【投資】「投機」はご存じのとおり、株式を売買する会社などがどのような業務内容なのかなどとはまったく無関係な取引である。単なる売買を繰り返すことを続けてキャピタルゲインという売買利益を得ることが目的の株式投資の手法である。
金商法の法定金融商品取引業者としてやらなければならないことは、できるだけ金融庁からの改善指示を減らすことといえる。そうすることで、いわゆる「重大な違反」となる確率をめざましく改善するという目指すべき成果につながることが多い。
銀行を意味するバンクは実はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉に由来するもので、ヨーロッパで最も歴史のある銀行。その名は15世紀の初め(日本は室町時代)に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で誕生したサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(当時)から今度は金融制度の企画立案事務も移管し約2年前に生まれた金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁に再編。21世紀となった平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、現在の内閣府直属の外局となった。
【用語】スウィーブサービス⇒開設している銀行預金口座と証券取引口座(同一金融機関・グループの)、2つの口座の間で、株式等の購入代金や売却益が自動振替される便利なサービス。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略である。

巷で言う「失われた10年」という言葉は本来、どこかの国やある地域の経済が10年以上の長期間に及ぶ不況、併せて停滞に見舞われた10年を表す言い回しである。
【用語】アセットアロケーション:投資配分は一度決めてそれが最後ではないのです。自分が決めたアセット(資産)アロケーション(配分)の取引状況を絶え間なく点検し続けることが肝心です。
【常識】金利や株式、為替に関連して値動きする商品に分散して資産投下しておけば、たとえ株式で損失を被っても、ほかの金利、為替での利益で補うことができ、発生した損益の動きを抑えることが可能です。
機関投資家(企業体で投資を行っている大口の投資家)のポジションでも、保険会社などの大手金融機関などが企業として桁外れの資金投入を実施する場合もあり、保険会社など各種の機関投資家が運用する投信(一般的には投資家から 委託を受けて運用を機関投資家が代行する金融商品)への大規模な資金流入もどんどん盛んになっているということ。
難しそうだが、外貨MMFの内容⇒現在、日本国内で売買が許可されている外貨商品の名前。外貨預金と内容を比べると利回りがかなりよく、為替変動によって発生した利益が非課税なんていう魅力がある。さっそく証券会社で購入しよう。

【知っておきたい】アセットアロケーション:金利と株そして為替はぴったりと関わり合っており、全ての動向から常に目を離さないことが常識。興味のある商品のみならず、他の分野の商品にも資産を分散して確実に投資することが必須です。
中央区の兜町のシンボルとなっている東京証券取引所(東証)の南側のブロックに、歴史ある、みずほ銀行兜町支店が建っている。維新間もない1873年、後に日本一の金融街となるこの地にわが国初の国立銀行の「第一国立銀行」が設立されました。
【用語】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズ「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に展開された経済学)における理論では、投資(投資家による)は追加投資によって考えられる利潤率(もうけ、資本の限界効率)がその時点での利子率(貸借に対する金利・利息)に到達するまで実行されるものとされているのだ。
つまり金融の分野における投資とは、所有する様々な金融資本を経済であったり経営活動を通じて危うさの存在する投資の対象に対して投下することである。資本を投入する対象は多様な種類の投資(金融)資産があるのだ。
きちんと理解が必要。株式の知識。出資証券(有価証券)なので、出資を受けても法律的に企業は株式を手に入れた株主に対しても出資金等の返済する義務は発生しないとされているのだ。最後に、株式の換金方法は売却によるものである。

-投資について

Copyright© 自転車乗って新しい発見を! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.